のんびりFPのお茶会ブログ。

ファイナンシャルプランナーがのんびりまったりお金のお話をするブログ。

経済用語としての「モラルハザード」

モラルハザード」という言葉の使い方が変!と思うことが頻繁にあります…

 

新聞などで「倫理の欠如」と括弧書きしていることにも違和感。

「モラル」「ハザード」という、中途半端にわかりやすい言葉だからでしょうね。

 

元々は、保険業界で生まれた言葉です。

なかなかわかりにくいと思いますので、単純化した例でお話しますね。

 

仮に、自動車保険としましょう。

保証も事故時の対応も、とても手厚い任意保険に加入したとします。

すると、人間の心理として「仮に事故にあっても安心だ!!」という気の緩みが生まれ…

その結果、加入者の事故の確率が未加入の人よりも高くなる。

 

咄嗟に考えたのでちょっと無理がある例かもしれませんが、簡単に言うとこんな話です。

保険屋さんにとってのリスクの話で、これをいかに防ぐか?ということです。

 

モラルハザード」という言葉は、「逆選択」とセットで説明されますが、後者はあまり知られていませんね。

 

逆選択」を同じ例で説明しましょう。

 

事故につながりやすい「無謀な運転を好む人」が世の中には存在しますよね。

そのような人ほど予め事故を想定して、手厚い保険を選ぶ。

その結果…やはり、その保険の加入者は事故の確率が高くなる。

 

いかがでしたでしょうか(*^^*)

 

倫理云々というよりは、人間の行動心理。

確かに倫理の欠如ではあるかもしれませんが、本質はそこではなく、人の合理的選択の結果不均衡が生じるのをどう解決していくか、を考えるための概念ですね。

 

経済学って、人間の合理性や非合理性、行動心理なども考えて、ミクロ〜マクロレベルの不均衡を解消していこう、最適化していこうという、面白い学問です。最適分配、などと呼びますね。

なかなか直接的には役に立たなそうですが、考え方を知ると思考が深まりますよ。

不動産投資のお話。

最近は不動産投資セミナーなどが活況ですね。

そんな中で某地銀の一部業務停止命令や、サブリースなとも徐々に問題視されつつあります。


実は、私がFPとして勉強する中で、一番苦戦したものが不動産なんです。

まぁ、苦手分野と言ってしまえば、この記事の説得力がなくなるわけですが。笑

敢えて表明した理由があります。


「不動産投資は実はムズカシイ」


…ということ。


まずは先に難しい点を話してしまいますね。


関連法が複雑。

流動性が低い。

現在価値や相場がわかりにくい。

メンテナンスの必要性。


まぁ…法律関係や手続きはプロが代行してくれます。しかし、何も知らずに業者に一任すると、不利なこともあるかもしれませんのでご注意。

流動性個人投資家にとって重大な問題です。必要な時に換金できないと思わぬ損失につながります。

そして、不動産の価値は比較的安定しているイメージがあると思いますが、実際のところはわかりにくい。

それも、長期になることが多いでしょうから…例えば30年後まで想定する必要があるケースも。



と、とりあえず難しい!という話をしました。

しかし、不動産には他には無いメリットもあります。


インカムゲインキャピタルゲインともに狙える。

ローンを組める(=レバレッジをかけられる)

節税できる。


基本的に投資物件ではインカム狙いが多いと思いますが、うまくいけば売却益も。

ローンを組むことで手元資金以上の長期投資ができる。長期投資で大きなレバレッジがかけられるものはあまりないですね。

サラリーマンや公務員など安定収入がある人なら一般論としてローンは組みやすい。

節税について、住宅ローン減税は有名ですが、不動産投資は赤字の場合に損益通算もできます。※詳しくは国税庁HP参照



このところ普通のサラリーマン向けの不動産投資案件が多いですが、他の投資同様リスクをしっかりと確認しましょう!

長期の借り入れをする場合はより慎重にはなる必要があります。

業者がリターンを示してくるのであれば、その根拠や将来的な見通しまでしっかり確認しましょう。

驚いたこと。

この前母から聞いて衝撃だったこと。

友達(=母と同世代)が1つの銀行に全預金を預けている、と。。。

 

え・・・(゚Д゚;)

うん、驚きましたw

 

私も話したことがあり、とても良い人です。

共働きでご夫婦ともにすでに定年退職をしており、常識もある方と思うのですが。

ペイオフ制度を御存知ありませんでした。

 

皆さまは大丈夫ですか?

 

ざっくりと言ってしまうと、

金融機関が破たんした時には、ひとつの金融機関で元本1000万円とその利息分は預金保険で保護されますが、その範囲外は戻る保障はありません。

精算を行ったうえで余力があれば返還されますが、まぁ・・・破たんした時点でほぼないでしょう。基本的に債権者が優先ですから。

※利息の付かない決済用の当座預金等は全額保護されます。

 

そんなこんなで、私は大した資金はないのですがw

都銀、地銀、ゆうちょ、証券会社、海外口座を使い分けています。

 

田舎に住んでいると、地銀とゆうちょしか支店もATMもないんですよー。

なので、お金を出し入れする決済や給与受取の口座は地銀とゆうちょが便利。

手数料も馬鹿にならないので、サービスや利便性を考えて配分。

 

都銀は近くに支店がないのでオンラインで、送金に使います。

証券会社は趣味みたいなものですねwあと日経テレコンを使いたいため。

ネット証券ですが、資産は少額の株だけです。必要性は特にないかも。

海外口座は海外投資のため。まぁ、浪費しないためでもあります。笑

 

多少の手間はかかるので、無駄に分散する必要はないですが、とりあえずわかりやすいところで、受取・支払・貯蓄くらいはわけていいと思いますよ!

管理しやすさ、リスク分散、使い勝手など、口座開設も計画的にしましょう♪

 

 

そういえば。

前に書いた「今更キャッシュレス生活」も慣れてきて、最近はSuicaとクレジットカードでほぼ済ませてます。

やっぱり少額ならSuicaが早いですね。クレカより早いし。

・・・余談でしたw

iDeCo

つみたてNISAよりは盛り上がりに欠ける気がするiDeCo

先に言ってしまうと、私は基本的にあまりお勧めしていません。

 

iDeCoの最大のメリットは積立金額が所得控除の対象となること。

つまり、所得税・住民税が節税できます。

運用益や利息も非課税。受取時も公的年金等控除、退職所得控除の対象となります。

 

そして、最大のデメリットは60歳まで引き出すことが一切できないこと。

 

もうお気づきと思いますが、こちらは「年金」です。

税額控除は比較的大きいものの、60歳までロックされる・・・

 

どうですか?

 

対象商品も限られていますし、柔軟性がなさ過ぎて、私は普通の人にはそこまでメリットはない気がします。

まぁ、60歳まで固定して良くて、節税したい人ならいいのかな?

 

興味のある人は金融機関ごとに取り扱いが違うので、色々見てみると良いですよ。

参考:厚労省HP

www.mhlw.go.jp

つみたてNISA

つみたてNISA、半数が満足

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO31746190U8A610C1000000?channel=DF280120166590&style=1&n_cid=NMAIL007

 

金融庁の改革派、森長官の肝いりとも言われたつみたてNISA。

割と好評なようですね。

私も今までになく、まともな策だと思います。

 

一方の金融機関としては、新規の呼び込みには使えても、儲からないサービスではないでしょうか。

 

長期の積立投資。地味ですが、初心者や若い人にも取り入れやすいですね。

以前説明したドルコスト平均法に加え、複利運用の効果も得られるため、比較的失敗の少ない投資手法です。

(といっても、リスクは勿論あります)

 

アクティブな投資は手間がかかるうえ、コストが高くなりがちです。

結果的に、長期的なパフォーマンスはインデックス投資に劣るという説さえあります。

詳しくはまた後日、参考文献とともに書きますね!

 

ひとまず簡単にアクセスできる日本の金融機関に限定した場合、限られた選択肢の中では良いものと思います。

※もちろん、世界にはまだまだ選択肢がありますが…

お客様への案内はしっかりやってね。処理は楽する方法教えるから!

5月何も書いてない!!!

と、さっき気づいた。。。

 

アウトプットのために始めたブログですが、更新しなければ意味ないですよね・・・

 

反省(._.)

 

 

先日、一人の新人さんが、辞めるときに手紙とお菓子を渡してくれたのです・・・あ、女性ですよw

辞めていったのはさみしいけれど、手紙の内容が素直に嬉しくて、もう少しフォローで頑張るか・・・と思いました。

感謝と絶賛の言葉を綴ってくれていたんだけれど、私こそ感謝!!

 

ちなみに、部屋に貼ってあります(*´▽`*)

毎日これ見て頑張るんだw

 

 

「お客様への案内はしっかりやってね。処理は楽する方法教えるから!」

 

今回のタイトルにしてみました。

ある程度慣れたけど、処理が苦手な新人さんに、こっそり贈る言葉ですww

 

事故やクレームにつながるようなことは、100点じゃなきゃいけない。

でも、あとはなんとかなるし・・・まぁ、なんとかするしw

全部を100点にできる段階でないなら、大事なところに集中して。

まずは、何が大事か考えてみて。

 

こんな緩い感じなのと、口の堅さには定評があるので、ありがたいことに色々相談してくれる人がいます。

とはいえ、ダメなものはダメなので、その場合は本人に確認したうえで私も一緒に管理者に相談するか、聞かなかったことにして本人から管理者に相談させます(そこは本人の希望で)。

 

 

仕事が落ち着いたら金融の話に戻りますね!(´・ω・`)

新人さんに、理解してほしい優先順位

今日の仕事終わりに、2人の新人さんへ、柄にもなく真剣な仕事話をしました。


私は基本的に、いつでも楽に効率よく仕事をこなすことを考えてます。

自分が楽しつつ楽しむことが大事です。


ただ、仕事に慣れるまでは手の抜き方の判断を間違う可能性があるので、

きちんと理解するまではマニュアルや上の指示に従ってほしい。

問題のない範囲で誤魔化すコツならこっそり教えます。割と得意なんです。笑


そして、私が考える、今の職場(コールセンター委託)で仕事をするときの優先順位を話しました。



1.公共の利益

2.お客様

3.クライアント企業

4.自分達の所属する企業



ま、当たり前っちゃ当たり前なんですが。


まず、公共の利益。

ひとたび事故を起こせば、多くの人へ迷惑がかかり、影響はより多くなります。

事故は絶対に防がなければならない。特定のお客様に多少の不便をかけてでも。

その結果の事故はお客様も含めて、より大きな被害を生みますから。


次に、お客様。まぁ当然ですね。

お客様に迷惑をかけてクレームとなれば、クライアント企業へ迷惑がかかります。

ここでは金銭的な損害も発生しがち。損害賠償となれば業績が悪化しますね。


次がクライアント企業。

依頼主ですのでくれぐれも足を引っ張らないように…自分も所属する企業の評価も下がります。

まぁ、それでも委託を受けた企業内なので、社内で済めばまだなんとかなるでしょう。


そして、所属する企業。

雇い主ですから、どのみち迷惑をかけるのであれば、まずはここです!!

嫌な顔を直接見るので、気がひけるのはわかりますが…

そのあと謝罪する機会や挽回の機会も多くありますし、そもそも上司には指導の責任があります。

社内で揉めるだけならおおごとにはにならないし、納得いかなければ上司と喧嘩でも何でもすればいいですよ。笑


ちなみに、愛想や人当たりだけは良くて面倒くさがりな私は、

テキトーに手を抜きながら平和にやっています(・ω・)ノ

私なりの謝罪のコツは演技力です。笑